Uncategorized

【必見】ITエンジニアは本当に将来性があるの?AIに仕事を取られない理由も解説

本ページはプロモーションが含まれています

【解決できる悩み】

  • ITエンジニアは本当に将来性があるの?
  • AIに仕事を取られそうで不安…
  • ITエンジニアの将来性が高い理由、AIに仕事を取られない理由を知りたい!

ITエンジニアになりたいけど、将来性が本当に高いのかわからなくて不安ですよね

私も、ネットではよく将来性が高いといわれるけど、数年後には仕事をAIにとられてそう、と思っていました。

しかし、そんなことはありません!

実際に、エンジニアの人材不足はどんどん深刻になっていますし、AIでもエンジニアの作業は代替はできないと言われています。

もちろん、エンジニアの中でも無くなる職業はあるかもしれません

例えば、サーバーエンジニア。AWSなどのクラウドサービスができると、仕事が無くなると言われていました。

実際に仕事の数は減ったかもしれませんが、今でも無くなってはいません

さらに、クラウドサービスのエンジニアという新たな職業が増えました。

エンジニアの仕事の中でも、流行り廃りはあると思いますが「エンジニア」の仕事すべてはなくならないといえるでしょう

そのため、エンジニアは将来性が高いといえます。

なお、ホワイト企業で技術を学び将来性の高いエンジニアになりたい方には、転職エージェント「ウズカレIT」への登録がおすすめです。

ウズカレIT」は独自の基準で「ブラック企業を徹底排除」していますので、ホワイト企業への就職を目指せます。

もし、ホワイト企業でエンジニアになりたいのであれば、ぜひ無料相談会にお申込みください!

\ホワイト企業多数/

ウズカレITの詳細を見てみる

  

 

【結論】ITエンジニアの将来性は高い!

ITエンジニアの将来性は高いと言えます。

例えば、ITエンジニアの給与所得者全体の平均年収よりも高く、特にITコンサルタントやプロジェクトマネージャーでは年収が1,000万円に迫る水準です。

年齢が上がるにつれ年収も伸び、30代後半や40代でのキャリアアップにより平均年収が高まるしょう。

もしITエンジニアを目指すなら、プログラミングを基礎からしっかり学び、継続的なスキルアップを心がけてください

プログラミング学習は、将来のキャリアパスを豊かにする第一歩となります。

ITエンジニアの将来性が高い理由3選

ITエンジニアの将来性が高い理由は次の3つです。

  1. IT人材不足が不足しているため
  2. 企業のDX化が推進しているため
  3. 新しい技術が創出されているため

1つずつ詳しく見ていきましょう。

1. IT人材不足が不足しているため

IT人材需給の試算結果

引用:IT人材需給に関する調査

経済産業省の「IT人材需給に関する調査」によると、2030年までにIT人材が約79万人不足すると予想されております

さらに、すでに多くの企業がIT人材の不足を感じているのです。

IT人材不足はプログラミングをこれから学び始める人にとって大きなチャンスを意味します。

初心者でも、基礎から学習を始め、徐々にスキルアップしていけば、人材不足のIT市場で重宝される専門家になる道が開けるでしょう

2. 企業のDX化が推進しているため

企業はDXを通じてビジネスプロセスをデジタル化し、効率化を図ります。新しいシステムの開発や既存システムの改善が必要であり、DX化を遂行できるエンジニアが求められます。

DXは顧客とのインタラクションを改善し、顧客個人に合わせたサービス提供が可能です。

さらに、デジタル化が進むにつれて、セキュリティリスクも高まります。

そのため、データ保護規制への対応やサイバーセキュリティの強化には、専門的な知識を持ったエンジニアが必要とされます

3. 新しい技術が創出されているため

技術革新は、プログラミング初心者やキャリアを積んでいるエンジニアにとっても大きな可能性を秘めています。

AIやIoTのような分野では、特定の技術やプラットフォームに関する深い知識が必要とされ、最新技術を駆使して新しいアプリやサービスを開発する能力が求められます。

そのため、AIやIoTの最新技術に特化した学習や経験を積むと、将来的には高い需要が見込まれるエンジニアになれるでしょう。

新しい技術の創出は絶えず行われるため、学び続けることによりキャリアの成長に直結しています

ITエンジニアの仕事が将来AIに奪われない3つの理由

ITエンジニアの仕事がAIに奪われない理由は次の3つです。

  1. 創造性と問題解決能力が求められるため
  2. クライアントとのコミュニケーションが必要なため
  3. エンジニアには倫理観と責任感が求められるため

1つずつ詳しく見ていきましょう。

1. 創造性と問題解決能力が求められるため

創造性や問題解決能力を持つ人材の需要は、AIや自動化技術が単純作業を代替する中でも高まり続けています。

なぜなら、創造性や問題解決能力は、技術だけでは解決できない複雑な課題に対応するために不可欠だからです。

プロジェクトを成功に導くためには、チーム内外のコミュニケーションやプロジェクト管理が欠かせないため、 創造性と問題解決能力は今後も極めて価値の高い存在となります。

技術の急速な進化とともに、 創造性と問題解決能力を磨き、新しい技術を柔軟に取り入れられる人材は、どの業界でも重宝されるでしょう

2. クライアントとのコミュニケーションが必要なため

技術の進歩が進む中でも、人間同士の関係構築や信頼の構築はAIでは代替不可能なため、エンジニアに求められるスキルとして今後もますます重要になるでしょう。

クライアントとのコミュニケーション力は、クライアントのニーズを正確に理解し、技術的な解決をするのに不可欠です。

プロジェクトの変更や調整が必要になった場合にも、エンジニアはクライアントとの間で効果的なコミュニケーションを取り、共通の理解を築く必要があります。

対人スキルは、プロジェクトを成功に導く上での鍵となり、技術的なスキルと合わせて、エンジニアにとって非常に価値のある資質です

3. エンジニアには倫理観と責任感が求められるため

エンジニアの世界では、技術的なスキルだけでなく、社会的な影響を理解し、適切な判断を下すことができる倫理観と責任感がますます重要になっています。

実際に、倫理観と責任感を持った判断はまだまだAIには難しいでしょう

特にプライバシーの保護、データの安全性、AIの判断基準など、多くの場面でエンジニアの判断が求められます。

さらに、技術の進歩に伴い新たに生じる倫理的な問題に対しても、エンジニアは責任を持って対応する必要があります。

倫理観と責任感は、技術の適切な使用を確保し、信頼できる製品やサービスを提供するために不可欠です。

AIに仕事を奪われない理由を、より詳しく知りたい方には以下の記事がおすすめです!

合わせてご一読ください!

  

将来性の高いITエンジニアの職種5選

現役エンジニアが考える将来性の高いITエンジニアの職種は次の5つです

  1. Webエンジニア
  2. インフラエンジニア
  3. バックエンドエンジニア
  4. AIエンジニア
  5. データエンジニア

1つずつ詳しく見ていきましょう。

1. Webエンジニア

Webエンジニアは、インターネット上で動作するウェブサイトやウェブアプリケーションを開発・構築する専門家です

主にデザインの実装、フロントエンド(ユーザーが直接触れる部分)とバックエンド(サーバーサイドの処理)の開発、データベースの管理など幅広い技術を駆使して、ウェブの世界を構築します。

Webエンジニアの仕事は、見た目の美しさだけでなく、使いやすさやセキュリティ、スピードなども考慮する必要があります。

2. インフラエンジニア

インフラエンジニアは、コンピュータネットワークやサーバー、データベースといったITインフラストラクチャの設計、構築、運用、管理を担当します

システムの安定稼働とセキュリティ確保を目指し、災害時のバックアップ計画の策定や性能の最適化などを行います。

インフラエンジニアは、システムの基盤を支える極めて重要な役割を果たすと言えるでしょう。

3. バックエンドエンジニア

バックエンドエンジニアは、ウェブアプリケーションのサーバー側で動作する機能の開発に焦点を当てた専門家です

データベースとのやり取り、API(アプリケーションプログラミングインターフェース)の開発、サーバーの設定と管理などを行います。

バックエンドエンジニアは、ユーザーが直接見ることがないシステムの裏側で、アプリケーションがスムーズに動作するための仕組みを構築します。

4. AIエンジニア

AIエンジニアは、機械学習や深層学習といったAI技術を用いて、人間のように学習し判断できるシステムやソフトウェアを開発します

大量のデータを分析し、パターンを学習させることで、予測モデルを作成したり、自然言語処理や画像認識といったタスクを自動化します。

AIの分野は急速に進化しており今後は、医療、金融、自動運転車など様々な業界で応用されていくでしょう。

5. データエンジニア

データエンジニアは、データの収集、保存、処理、分析のためのシステムやプロセスを設計・構築します

ビッグデータの扱いに特化しており、主に行う仕事はデータベースの設計、ETL(抽出、変換、ロード)プロセスの開発、データウェアハウスの管理などです。

データエンジニアは、データサイエンティストが分析しやすい形でデータを整理・提供することに重点を置いています。

将来性の高いITエンジニアの持つ能力4選

将来性の高いITエンジニアが持つ能力は次の4つです。

  1. プログラミングスキル
  2. 問題解決能力
  3. コミュニケーション能力
  4. 学習意欲

1つずつ詳しく見ていきましょう。

1. プログラミングスキル

プログラミングスキルの習得は、ITエンジニアのキャリアにおいて非常に重要です

プログラミング言語を学ぶと、エンジニアはクライアントから必要とされる技術を身につけられます。

また、プログラミング言語の理解を深めることは、複雑な問題を効率的に解決し、プロジェクトの品質を向上させるための基盤となります。

多様なプログラミング言語への精通は、ITエンジニアとしての将来性を大きく左右する要素の1つと言えるでしょう

2. 問題解決能力

プログラミングや技術的スキルを駆使しての問題解決は、ITエンジニアにとって最も重要な仕事の1つであり、問題解決能力はキャリアを通じて常に価値があります。

問題解決能力は、新しい技術やツールを学ぶとさらに強化されます。

実際のプロジェクトで遭遇する課題に対処する経験を積むと、理論だけでなく実践的な問題解決スキルも身につくでしょう。

エンジニアとしての価値を高めるためには、技術的知識の習得と同様に、複雑な課題に対する洞察力や解決策を見出す能力が不可欠です

3. コミュニケーション能力

コミュニケーション能力は、テクニカルなスキルと同じくらい重要です

技術者がプロジェクトの目標と課題を明確に理解し、チーム内外との調整を行うためには、明確かつ効果的なコミュニケーションが必須です。

チームでの作業が増えている現代においては、異なる背景を持つメンバーと協力してプロジェクトを前進させるために、包括的なコミュニケーションスキルが求められます

コミュニケーション能力を磨くことで、エンジニアはより効果的な貢献者となり、将来性の高いエンジニアになれるでしょう。

4. 学習意欲

学習意欲は将来性の高いエンジニアにとって必須の能力といえるでしょう

なぜなら、学習意欲がなければ成長もせず、IT業界の変化に付いていくことが難しいからです。

学習は継続が大切です。学習意欲を持続させるためには、定期的にオンラインコースやワークショップに参加し、同じ目標を持つコミュニティへの参加が効果的です。

続的な学習を通じて、IT業界で常に求められる人材となるための基盤を築いていきましょう。

将来性の高いITエンジニアになるための4ステップ

将来性の高いエンジニアを目指すなら、次の4ステップでエンジニアを目指しましょう

  1. 目指すエンジニアを決める
  2. プログラミングを学習する
  3. 転職エージェントに登録する
  4. 転職活動を行う

1つずつ詳しく見ていきましょう。

1. 目指すエンジニアを決める

まずは目指すエンジニアの種類を決めましょう。

選択した分野に応じて、必要なスキルセットや知識が異なるため、もし目指すエンジニアを決めないと、エンジニアになるまでに余計な時間を消費する可能性があります。

例えば、WebエンジニアであればHTML、CSS、JavaScriptなどのフロントエンド技術や、サーバーサイドのプログラミング言語の学習が必要です。

AIエンジニアなら、機械学習やディープラーニングに関連する知識とPythonなどのプログラミングスキルが求められます。

自分の興味やキャリア目標を明確にし、その分野での専門家を目指しましょう。

2. プログラミングを学習する

次にプログラミングを学習しましょう

プログラミング学習では、基本から応用までの段階的なスキルアップが大切です。

最初はシンプルなプログラミング概念から始め、徐々に複雑なアルゴリズムやデータ構造、ソフトウェア開発のベストプラクティスに進んでいくことをおすすめします

また、GitHubのようなプラットフォームで自分の作品を公開すると、ポートフォリオを構築し、将来的な雇用のチャンスを高められます。

なお、プログラミングの学び方がわからない方には以下の記事がおすすめです!

合わせてご覧ください。

   

3. 転職エージェントに登録する

次に転職エージェントへの登録を行ってください

転職エージェントを通じて、履歴書や職務経歴書のブラッシュアップ、面接対策など、転職プロセス全般にわたるサポートを受けられます。

また、市場の最新動向や給与水準に関する貴重な情報の取得も可能です。

さらに、非公開求人へのアクセスが可能になるケースもあり、より多くの選択肢から理想の職場を見つけられるでしょう。

転職エージェントを活用すると、自分のスキルや経験を最大限に活かし、より良い条件での転職が実現可能になります

おすすめの転職エージェントを知りたい方には以下の記事がおすすめです。

ぜひご覧ください!

   

4. 転職活動を行う

最後にすべての準備が整ったら、転職活動を本格的に開始します

エージェントを介して紹介された求人に応募するのはもちろん、自分で求人を探しての応募も重要です。

面接では、これまでの経験や学んできたスキル、なぜその職種を選んだのかなど、自分の強みをアピールしましょう。

まとめ

この記事では次の内容を解説しました。

  • ITエンジニアの将来性が高い理由3選
  • ITエンジニアの仕事が将来AIに奪われない3つの理由
  • 将来性の高いITエンジニアの職種5選
  • 将来性の高いITエンジニアの持つ能力4選
  • 将来性の高いITエンジニアになるための4ステップ

エンジニアは将来性が高く、非常におすすめの職業です

もし、エンジニアのやりがいや、魅力をもっと知りたいという方には以下の記事がおすすめです。

合わせてご覧ください。

   

なお、ホワイト企業で技術を学び将来性の高いエンジニアになりたい方には、転職エージェント「ウズカレIT」への登録がおすすめです。

ウズカレIT」は独自の基準で「ブラック企業を徹底排除」していますので、ホワイト企業への就職を目指せます。

もし、ホワイト企業でエンジニアになりたいのであれば、ぜひ無料相談会にお申込みください!

\ホワイト企業多数/

ウズカレITの詳細を見てみる

  

-Uncategorized