Uncategorized

【実体験】エンジニアは残業が多いの?職種ごとのランキング公開

本ページはプロモーションが含まれています

【解決できる悩み】

  • やっぱりエンジニアって残業が多いの?
  • エンジニアの職種別の残業時間が知りたい!
  • 残業しないための方法はあるの?

エンジニアに転職したいけど、残業が多いと嫌ですよね。

そこで今回は、大手転職サイトのdodaが発表した「平均残業時間ランキング【91職種別】」をもとにエンジニアの職種ごとに1ヵ月の残業時間をまとめました

平均残業時間ランキング

引用:doda「平均残業時間ランキング【91職種別】」をもとに作成

2023年「IT/通信系エンジニア」の平均残業時間は21.9時間です。(dodaの調査の職種分類別の平均残業時間より算出)

全職種の平均残業時間も21.9時間のため、エンジニアの残業時間は平均的といえます。

たまき

私の場合は、ほぼ残業0時間。エンジニア3年目ですが、20時間以上の残業をしたのは3ヵ月だけです!

  

私は月80時間以上のブラック企業から逃げたくて転職しました。

なので、絶対にブラック企業に入らないため、企業は徹底的に調べています。

  • 気になる会社のHPを全部見る
  • 転職サイト3社で求人を確認する
  • 口コミサイトを2社みる
  • SNSで悪評がないか探す

など、1企業を調べるのに2時間以上はかけました。

合計20企業を調べているので、企業研究に40時間以上は使っています。

皆さんも企業研究を徹底的にしましょう!

ただ、1企業に2時間もかけるのはきついですよね。

もし、時間をかけずにホワイト企業を見つけられたら最高じゃないですか?

たまき

実は、簡単に見つけるが方法あります!

それは無料の転職エージェントの「ウズカレIT」に登録し、企業に応募することです!

  

ウズカレITは、独自の基準でブラック企業を徹底排除している転職エージェントです。

離職率、労働時間などの厳しい基準をクリアした企業のみを紹介するため、ホワイト企業の転職を目指ます。

面倒くさい企業研究をせず、残業が少ない企業を目指すなら「ウズカレIT」に登録してください!

無料サポート受けてみる→ウズカレIT

この記事では、エンジニアの残業について以下の見出しでより詳しく説明していますので、興味のある方は最後までご一読ください!

  • エンジニアの残業実態
  • エンジニアの残業が多い4つの理由
  • エンジニアが残業を減らすためにすべき4つのこと
  • エンジニアの残業に関してよくある質問

  

   

エンジニアの残業実態

残業するエンジニアの男性

この章では以下の見出しに沿って、エンジニアの残業実態を詳しく説明します。

  1. エンジニアの平均残業時間
  2. エンジニアの職業別の残業時間

1つずつ詳しく見ていきましょう。

1. エンジニアの平均残業時間

エンジニアの平均残業時間は、業種や職種によって異なります。

dodaの調査によると、エンジニアの2023年の平均残業時間は21.9時間です。

具体的なエンジニアの残業時間としては、研究開発/R&D(IT/通信)が16.0時間で一番少なく、ITコンサルタント(アプリ)が30.2時間で最大となっています。

もちろん、この時間は平均時間のため企業によって残業時間は異なります。

エンジニアの職種、企業ごとの残業時間を意識し、転職先を選びましょう

2. エンジニアの職業別の残業時間

改めて、以下の表を参考に職業別の残業時間を見ていきましょう。

引用:doda「平均残業時間ランキング【91職種別】」より作成

HTML/CSS、JavaScriptを利用しホームページを作る、Webアプリケーションを作るWebエンジニアは残業時間が17.4時間、スマホアプリを作るアプリケーションエンジニアは21.1時間です。

全職業の平均残業時間の21.9時間と比べても、1位から5位の職種は、残業時間が少なくなっています。

エンジニアの残業が多い4つの理由

若いエンジニアの男性

エンジニアの残業が多い理由は次の4つです。

  1. プロジェクトの納期に追われるため
  2. 人材不足により業務量が増加するため
  3. 緊急性の高いトラブル対応があるため
  4. 仕様が急に変わり、追加業務が発生するため

1つずつ詳しく見ていきましょう。

1. プロジェクトの納期に追われるため

エンジニアが残業する大きな理由の1つに、プロジェクトの納期が挙げられます。

開発プロジェクトでは、顧客や市場の要求に応えるため、厳しいスケジュールで進行することが多いです。

特に新製品の開発や大規模アップデートの際には、計画通りに進まないことも少なくありません。

技術的な課題や想定外の問題が発生した場合、それを解決するために追加の作業時間が必要になります。

実際に私も、納期の短いプロジェクトに入った際は、ガッツリ残業しました。

納期を守るために、エンジニアは残業を余儀なくされるでしょう。

2. 人材不足により業務量が増加するため

多くの企業で技術者不足が問題となっています。

IT人材需給の試算結果

引用:IT人材需給に関する調査

IT人材需給の試算結果では、2020年時点で約30万人のIT人材が不足していると示されているのです。

特にIT分野では、AI、データ分析などの新しい技術が次々と登場し、それに伴うスキルを持つ人材の需要が高まっています

しかし、十分な人材の確保が難しい場合、既存のエンジニアに業務が集中し、過重な負担がかかることになります。

プロジェクトごとに必要な専門知識が異なるため、適切な人材が不足していると、残っているメンバーが対応に追われるでしょう。

結果として、長時間労働、残業につながります

3. 緊急性の高いトラブル対応があるため

エンジニアの仕事では、予期せぬトラブルやシステム障害の発生があります。

これらの問題は、ビジネスの運営に直接影響を及ぼすため、迅速な対応が求められます。

特にサービスが24時間365日稼働している場合、夜間や休日でも緊急対応が必要になるのです。

実際に、大手通信キャリアで大規模な障害が発生したことがありましたが、おそらくエンジニアは残業をして対応に追われたのでしょう。

同じエンジニアとしては、考えるだけでもヒヤッとします。

緊急事態に対応するためには、エンジニアが即座に作業を開始し、問題が解決するまで対応を続ける必要があります

そのため、トラブル対応はエンジニアが残業や休日出勤を余儀なくされる重要な原因の1つです。

4. 仕様が急に変わり、追加業務が発生するため

プロジェクトの進行中、特に開発が深く進んだ段階で、顧客や市場の要求に応じて仕様が変更されることは珍しくありません

仕様変更は、既に計画されていた作業の範囲を超える追加業務をもたらし、エンジニアにとって残業の主要な原因です。

突然の変更に対応するには、新たな設計の検討、コードの書き換え、テストの再実施など、多大な時間と労力が必要になります。

仕様変更対応の際は、チーム内でのコミュニケーションと迅速な対応が重要となり、プロジェクト管理のスキルも同様に求められるでしょう。

エンジニアが仕様変更に効率的に対処するためには、予測不能な変更に柔軟に対応できるよう、計画段階で余裕を持たせることが1つの解決策と言えます。

エンジニアが残業を減らすためにすべき4つのこと

オフィスで働くエンジニアの男性

エンジニアが残業を減らすためにすべきことは次の4つです。

  1. タスク管理の徹底
  2. 時間管理のスキルアップ
  3. チームでのコミュニケーション
  4. 転職してホワイト企業に入る

1つずつ詳しく見ていきましょう。

1. タスク管理の徹底

エンジニアとして残業を減らすには、タスクの優先順位を明確にし、効率的な取り組みが重要です。

具体的には、仕事のリストアップと、それぞれの緊急度と重要度を評価する「アイゼンハワー・マトリックス」の活用がおすすめです。

アイゼンハワー・マトリックスとは、以下の図のように重要度を縦軸、緊急度を横軸としてタスクの優先順位を決める手法です。

アイゼンハワー・マトリックス

また、デジタルツールを使ってタスクを管理すると、タスクの見える化が進み、無駄な作業を削減できます。

日々の業務を振り返り、改善点を見つけることも大切です。

2. 時間管理のスキルアップ

時間管理を改善するには、「ポモドーロ・テクニック」のような時間管理法が有効です。

ポモドーロ・テクニックとは、25分間集中して作業した後、5分間の休憩を取る方法で、集中力の持続と効率的な休息が可能になります。

また、1日の始まりにその日の目標を設定し、優先順位に従って作業を進めると、目標に対する達成感を感じやすくなり、モチベーションの維持につながります。

自分に合った時間管理方法を見つけ、業務の効率化を図りましょう

3. チームでのコミュニケーション

チーム内での効果的なコミュニケーションは、無駄な作業を減らし、効率を高める鍵です。

定期的なミーティングでプロジェクトの進捗を共有し、問題があれば早期に対処します。

また、SlackやTeamsなどのコミュニケーションツールを活用すると、メンバー間の情報共有をスムーズに行い、誤解や重複作業の防止につながります

信頼関係の構築も重要で、お互いの負担を理解し、サポートし合う文化を作り上げてください。

まずは簡単な雑談から、コミュニケーションのきっかけをつかみましょう。

4. 転職してホワイト企業に入る

残業が多い環境から抜け出し、ワークライフバランスを重視する「ホワイト企業」への転職も1つの手段です。

ホワイト企業では、従業員の健康と幸福を大切にし、効率的な働き方を推奨しています。

転職を考える際には、企業の評判や働く人の声をリサーチし、自身の価値観と合致する企業選びが重要です。

また、転職サイトやエージェントサービスを活用して、自分に合った職場環境を見つけましょう。

なお、ホワイト企業を目指すなら転職エージェント「ウズカレIT」がおすすめです!

ウズカレITは、の基準で「ブラック企業を徹底排除」している転職エージェントで、離職率、労働時間などの厳しい基準をクリアした企業のみを紹介しています。

ウズカレITに登録して、ホワイト企業の転職を目指しましょう。

無料サポート受けてみる→ウズカレIT

エンジニアの残業に関してよくある質問

自宅で働くエンジニアの女性

エンジニアの残業に関してよくある質問は次の3つです。

  1. エンジニアが残業するのは当たり前なの?
  2. エンジニアが残業をするメリットはあるの?
  3. エンジニアにはなりたいけど、残業したくない…

1つずつ詳しく見ていきましょう。

エンジニアが残業するのは当たり前なの?

もちろん、エンジニアの残業が当たり前なんてことはありません

エンジニアの残業は、業界やプロジェクトによって異なります。

一部の企業やチーム、プロジェクトの締め切りやリリース期間において、残業が増える場合があるでしょう。

しかし、技術の進化や効率的なプロジェクト管理方法の導入により、残業を減らす動きも見られます。

重要なのは、仕事とプライベートのバランスを保ちながら、健康的な労働環境の維持です。

エンジニアが残業をするメリットはあるの?

残業が必ずしもネガティブな影響だけをもたらすわけではありません。

プロジェクトの重要なフェーズでの追加作業は、スキルの向上や新たな技術の習得につながることもあります。

また、緊急の問題解決やチームでの協力を深める機会にもなり得ます。

それでも、長時間労働が常態化すると、健康や社会生活に悪影響を及ぼす可能性があるため、メリットとリスクをよく考えてください。

働きすぎは体に毒ですね。

エンジニアにはなりたいけど、残業したくない…

エンジニアを目指す上で、残業を避けたいという願望は十分に理解できます。

しかし、残業0というのはかなり難しいと思います。

実際に私も、残業はほとんどしませんが、0時間という月はありません

幸いなことに、フレックスタイム制度やリモートワークを推進する企業が増えており、ワークライフバランスを重視する文化が広がっています。

そのため、残業をしたくないなら、キャリアを選択する際には、企業の働き方や社風を事前に調査しましょう

事前に徹底的に調査を行えば、ホワイト企業のみに応募ができます。

転職活動に力を入れ、残業の少ない企業へ転職をしてください!

まとめ

日本人のエンジニア男性

大手求人サイトdodaの調査によると職業別エンジニアの残業時間は以下表の通りです。

引用:doda「平均残業時間ランキング【91職種別】」より作成

もちろんこの残業時間は、あくまで平均です。

残業時間が月10時間以内の企業もあれば、月40時間以上の企業もあるでしょう。

もし残業をしたくないなら、ホワイト企業への転職をしてください

ホワイト企業で残業が少なく、ワークライフバランスが充実したエンジニアになりたい方には、転職エージェント「ウズカレIT」への登録がおすすめです。

ウズカレITは独自の基準で「ブラック企業を徹底排除」していますので、ホワイト企業への就職を目指せます。

もし、ホワイト企業でエンジニアになりたいのであれば、「ウズカレIT」の無料でサポートにお申込みください!

無料サポート受けてみる→ウズカレIT

その他にも未経験エンジニア転職を成功させた私がおすすめする転職エージェントを知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

-Uncategorized